Category : フーゾク・お水業界徹底比較!〜知らなきゃ損の業界情報

風俗業界1〜キャバクラってなぁに?

キャバクラには、一人で飲みに来られるお客様も、たくさんいらっしゃいます。元キャバ嬢として働いていたRikaのお店にも、そんなお客様がたくさん来られました。

中にはキャバクラ自体が初めてだ、といい恐縮してしまう方も…。お店によっては女の子の雰囲気もガラリと変わります。もちろん値段設定も変わってくる訳でして…。キャバクラデビューしたい方は、まずは知識を集めること。知識をつける事で夜の遊びの幅もグーンと広がりますよ!

元気が一番!若い子と一緒に飲みたい場合…「キャバクラ」

とにかく若い子と飲みたい!でも、料金は控えめで…な方にオススメするのが「キャバクラ」。北海道の方では「ニュークラ」とも呼ばれていますね。ちなみに、キャバクラは北海道では「セクキャバ」(女の子とエッチなことが出来るキャバクラ)と呼ばれるものになりますので、観光の際はお気を付けを…。実際に間違っていかれる方も多いようですから。

キャバクラでの年齢層は18歳〜20代中盤までの若い女性が揃っていますね。中には30代を越してもなお、居座っている強者キャバ嬢もいらっしゃいますが…。お店によって年齢層も若干上下してきますが、20代中心の若い女性が集まるお店と覚えておいてくださいね。 料金形態は休め。1セット60分で3500円〜というお店もたくさんあります。中には3000円を切っちゃうお店も!指名料は一律2000〜3000円というお店が多いので、お気に入りの子を指名すると1セット5000円〜7000円の間で飲めちゃうんです。初回指名無料のお店もあるので要チェック!

若くて可愛い子と一緒に飲みたい、安くてもキャバクラの高級感を味わいたい…という男性にピッタリです。

一つ上を行くサービスを求めるのなら…「クラブ」

女性の年齢層はキャバクラよりも若干高め。20代前半〜30代までとお姉さん層がたくさん在籍している「クラブ」は、キャバクラよりも高級感を求めたい時にオススメです。 割とアットホーム・料金が安めなキャバクラに対しこちらの値段設定は高め。1セット4000円〜、高い所では7000円というお店も。その分女の子の質もグッド!クラブでは「経験者のみ」しか扱っていないお店が多く、働いているキャバ嬢も他店から引き抜きされて移籍した女の子もゴロゴロ…。最高級のサービスを求めるなら迷わずクラブへ!

ただし、最近ではクラブとキャバクラの線引きが難しくなっているのも事実。キャバクラなのに30代後半のお姉さまがいらっしゃったり、クラブなのに18歳の若い子がいたり…。お店によってコンセプトも変わりますから、ご自身で色いろと見て回るのも良いかと思いますよ。 ただ、クラブと呼ばれるものは値段が高いのでご注意を…。

ちょっと一杯引っ掛けたい!居酒屋気分で行ける「ガールズバー」

キャバクラやクラブと違い、若い女の子がカウンター越しで接客してくれるシステムのお店。バーのマスターが可愛い女の子に変わったバージョンと思って頂ければわかりやすいかと…。

キャバクラに行くお金がない、けど女の子と飲みたい!というおじさんに人気のようですよ。ドレスではなく私服勤務ですので、その子の普段の姿を見られちゃうのもオススメポイント。 料金も安く、飲んだ分しかかからない所も!指名にかかる料金も500〜1000円ほど。女の子たちは指名にこだわらずに働いているので、営業トークに疲れた方は、ガールズバーで癒してもらってはいかがでしょう?初めてさんにもオススメです。

一人でも気軽に入れちゃう敷居が低い「パブ・スナック」

ガールズバーではちょっと砕けすぎ、と敬遠されちゃう方はパブ・スナックがオススメ!ママさんがいて働く女の子が数人の、キャバクラやクラブと比べるとアットホームなお店です。

古くからやっているお店で働く女の子の年齢層は高めですが、新しくオープンしているお店はどこも現代的で年齢層も低め。パブ・スナックだからといって「古臭い」というイメージは今はぜんぜんありませんよ! 料金は1セット90分とかの所が多く、2500円くらいで飲めちゃうので給料日前のお父さん方の強い味方でもあります。

Recommend