Category : あなたは夜の女王をどう攻略する?〜ソープ嬢TOMOMIの場合

ソープ嬢に嫌われないためのトーク術

風俗上の好感度アップなんて言うと、少し上から目線で嫌な感じがする、という方もいらっしゃるでしょう。 確かにお客さんはお店や嬢に対してお金を支払っている立場ですので、機嫌をとる必要なんてありません。むしろ、私たち風俗嬢がお客さんの機嫌をとるのが当然でしょう。事実それは私たちの仕事の一部であり、より多くのお客さんを獲得するための腕の見せ所でもあります。

しかし、私たち風俗嬢だって結局は人間です。特に好きなお客さんはいませんが、やはり嫌いな人はいます。 極力平等に(風俗嬢の「あなたは特別…」なんて言葉はほとんど嘘です)サービスをするようにしています。それでも、疲れているときなどは嫌いなお客さんに対しては手を抜いてしまうことがあるのです。

嬢に好かれるのは難しいから

どうしてこの項目のタイトルが「好かれるため」ではなく「嫌われないため」になっているのでしょう?これにはちゃんとした理由があります。 先ほど、好きなお客さんはいない、と書きましたがまさにその通りで、風俗嬢がお客さんに対して好感を持つことはほとんどありません。 サービスの一環として、常にすべてのお客さんに対して好感を持っているような演技をしていますので、そんな中で本当に「好き」という感情が生まれるわけがないのです。

まったく相手のことを意識していなくても、「嫌い」という感情は自然と湧いてくるものです。しかし、「好き」という感情は相手をある程度意識していなければ起こらないのです。

なので、基本的に私たち風俗嬢はお客さんのことを好きになることはほとんどないのです。逆にいろんな男性を相手に「魅力的な女性」を演じ続けることに疲れてしまい、人間嫌いになってしまう子も少なくないほどです。 少し話が長くなってしまいましたが、好かれることが難しいのなら、できるだけ嫌われないようにすべきなのです。

ポイントはただ一点!深く掘り下げない!

私たちソープ嬢に嫌われないためのトークのポイントはただ一つです。自分語りにしても、こちらに問いかけるにしても、決して深く掘り下げない、ということです。 まず、あまり深く相手のことを知りたいとも思いませんし、逆に自分のことを話したいとも思っていません。 ただ面倒なだけですし、自分のプライベートなことを聞かれても本当のことはまず話しません。その設定通りに話をするのも面倒になってしまいます。

一番いいのは深く考える必要のないバカ話です。少々の下ネタだってOKです。だってソープはそういう場所ですから。 ソープ嬢に好かれよう、と考えるよりもまずは嫌われないことを考えてみましょう。純粋に風俗遊びを楽しみたい、と考えているのであればそれが一番の方法です。

Recommend