Category : 風俗嬢の秘密を暴露します!

風俗での仕事歴はキャリアになる?

風俗で働いていることを隠している女の子は少なくありません。昔は、特に風俗嬢への偏見がかなり強かったので、堂々と風俗で働いていることを公言できるという方は少数派でした。

私も、大学生でキャバクラでバイトを始めたころは、周囲に隠していました。昔ほど強くはないものの、やはり夜の世界で働いていることを知られたら、周囲にあまり良い印象を与えることはない…そう考えていたからです。 実際に、数年前には大学時代にホステスとしてバイトしていたことがバレて内定を取り消されてしまった…なんてことがニュースにもなっていました。

やはり、今日でも夜の世界で働いている女の子への偏見は決してなくなってはいないのです。 こうして考えると、風俗での仕事歴はその後の人生においてマイナスになるもの…そんなイメージを抱いてしまう方も多いでしょう。

しかし、風俗の世界を出て、他の仕事をするにしても風俗で働いていた期間が長くなると履歴書が真っ白になってしまいます。私なんか完全にそうです。大学時代のバイトからはじめて、その後も10年近く風俗業界で働いてきましたので、これを職歴にできなければ20代後半まで、ずっと仕事をしていなかったことになるのです。 そこで、ここでは、風俗での仕事歴は役に立たないのか、という点について考えてみたいと思います。

基本的にプラスになることはない?

残念ながら、風俗での仕事歴がプラスになることは基本的にはありません。職業に貴賤はない…そう言いますが、あなたがどこかの会社の採用担当者で、面接にやってきた女の子の履歴書を見ると、風俗店の名前が並んでいたらどうでしょう?手放しで採用したいと思いますか?

もちろん、その子が何らかの特殊な技能を持っていたり、とても魅力的な場合は「そんなの関係ない」と言えるでしょう。 しかし、同じくらいの条件で、これまで一般的な起業でOLとして働いてきた女の子が同時に応募してきた場合、そちらを選ぶ…という方が多数派になるでしょう。

もちろん、業種によっても多少は変わってくるかもしれませんが、風俗での職歴がプラスになる、ということはほとんどないようです。 残念ながら、私自身も実際にこの職歴が風俗の世界を出た後の就職においてプラスになることはほとんどありませんでした。

風俗での経験は役に立つ?

では、風俗でキャリアを重ねることはまったく無意味なのでしょうか?そんなことはありません。当サイトでもお話しましたが、風俗での仕事は「究極の接客業」と言えます。なので、それだけ濃い経験をすることができるのです。当然、他の仕事ではできないさまざまな体験・経験です。これを活かすことのできる仕事であれば、風俗でのキャリアを役立てることができるはずです。

具体的には、風俗の世界を出てから飲食店などを開業し、成功している方は少なくありません。接客のプロとしてのキャリアを活かすことによって、多くの固定客を集めることができるのかもしれません。

このように「就職」という点では、風俗でのキャリアはあまりプラスになることはありません。むしろ、マイナスになってしまうことの方が多いでしょう。ですが、風俗における経験を活かして、他の仕事をすることはできるはずです。

Recommend