Category : フーゾク・お水業界徹底比較!〜知らなきゃ損の業界情報

風俗業界3〜キャバクラの大人版・セクキャバ

キャバクラのピンクバージョンのお店であるセクキャバは、おっぱいパブと言った方がしっくりくる人も多いのでは?名前のとおり、お酒を飲んでただ話すだけのキャバクラじゃありません。女の子とイチャイチャ、エッチなことだって出来ちゃいます。

ソフトなサービスからハードなサービスまで、その種類は様々。どこまでOKかもお店によって変わってきます。一体どんな雰囲気なのか…女の子とどこまでエッチなことが出来るのか?!気になりませんか?

セクキャバ(おっぱいパブ)の魅力

このジャンルのお店の魅力はやっぱり「お酒を飲みながら、女の子とエッチなことが出来る」ではないでしょうか。実際、風俗に行くまでもないけどお酒を飲んでただ話すだけでは物足りない…という男性の利用が多いように感じます。

風俗のような女性からのサービスがないだけで、ハードクラスのサービスはものすごい過激。中には裸でお客さんの上に乗ったり、生理中のタンポンをマドラー代わりにしたり…とドン引きしちゃうサービスがあるお店も。ちゃんと需要があるから凄いですよね。 セクキャバのシステムはキャバクラと変わりませんが、ダウンタイムというものが存在します。60分1セットの中に10分〜15分ほど、お店の照明が落ちる時間があるんですね。その時、席に付いている女の子が男性の膝に乗って、対面に抱き合う形になります。まぁ、コレは密着してれば体勢は何でも良いんですけどね…。

あとは時間が来るまで女の子とイチャイチャタイム!胸を揉んだり、ベロチューしたり、お尻を触ったり…。とにかくエッチな事が出来ちゃうんです。キャバクラと風俗の中間地点に位置するセクキャバは、それでいて低価格。若い女の子が多いのも魅力ですね!客層も20代の若い世代が多いです。お店の雰囲気も若者向けにされている所が多いですからね。

ソフトとハードの違いって?

セクキャバにはソフトサービスとハードサービスの2種類のお店があります。ソフトはキス、胸揉みまで、ハードは挿入以外オールOK、という感じ。かなりサービスに差がありますね。もちろん、ハードになるほど料金は高くなりますのでご注意を…。

ソフト店の女の子の多くは、お客さんにサービスすることを嫌がります。してくれても軽いキスまで。キャバクラの延長線上で考えている子が多いですね。逆にハード店の女の子は「えっ、こんなことも?!」と驚くようなサービスをしてくれることも。 彼女たちも指名が貰えればお給料はアップします。そのために頑張ってサービスしてくれる子が多いんですね。 大体のお店は衛生上手マンは禁止されていますが、ここは暗黙の了解。黒服も見て見ぬ振りです。ハード店では女の子の許可があれば生手マンも出来ますので、交渉してみては?私の知り合いは指名を貰うため、生手マンOKの子が多かったです。 ただし!風紀などに厳しいお店は出禁になる場合もありますので、女の子に確認してみた方が安心ですよ。

お気に入りの子を見つけると良いことが?!

ソフト店でもハード店でも、ご新規さんには精一杯のサービスをしますが、あまりに過激なサービスはお断り。これはお店の評判を落とさないためです。 値段の安いソフト店がハード店並にサービスしてしまうと、そっちに行くに決まってるじゃないですか?コレでは色いろとマズいんで…(ここはあまり突っ込まないで下さいね)

まずは何回か通って、そこでお気に入りの子を見付けること。何度もその子指名で通ううちに、女の子の方も「ここまでならいいよ♪」と許してくれます。交渉次第では下半身タッチもアリ!セクキャバの世界をもーっと楽しむために。ぜひお気に入りを作っておいて下さいね!

Recommend